UNIV. TOPHOMESITEMAPLINKACCESSINQUIRY
FAC. TOPHOMEACCESS
UNIV. TOPHOMESITEMAPLINKACCESSINQUIRY
 
  • 日本語
  • Text Size
  • Large
  • Normal
 
  • 日本語
  • Text Size
  • Large
  • Normal
  • 日本語
  • Text Size
  • Large
  • Normal

          「岡山県北地域教育プログラム入試」にチャレンジするみなさんへ

           
           「岡山県北地域教育プログラム入試」(推薦入試 I)への取り組みのポイントを示しましょう! 
           

          アドミッションポリシーと出願資格をしっかり理解すること!

           「岡山県北地域教育プログラム入試」(推薦入試 I )が求める人材と出願資格を確認し、理解してください。とくに、卒業後、岡山県北地域で学校教員として教職に就き、多様な人々と連携・協働しながら、学校のみならず地域社会に貢献しようとする強い意志を有した人材を求めています。
           

          ○ 出願書類について

           1.「志望理由書」
           学校のみならず地域社会に貢献していきたいという強い意志を込めて、どうして岡山県北地域の教員(小学校、中学校の教諭又は養護教諭)になりたいのかを、できるだけ具体的に書いてください。
           岡山県北地域で教員になりたいという強い意志を明確に!

           2.「活動体験報告書」
           アドミッションポリシーに照らして、学校内と学校外におけるこれまでの活動体験(各種資格取得を含む。)をできるだけ具体的に書いてください。
           学校内だけでなく学校外を含めた活動体験です!
           最近の活動から過去のものにさかのぼって、1ページにまとめて記述すること!

           

          ○ 小論文について

           小論文では、基礎的な学力、課題を読み解く力、深く考える力、論理的に述べる力が総合的に問われます。日頃から、教育や地域の問題に関心を持ち、それを中山間地域に引きつけて、どのように解消していけばいいのかを自分なりに考えていくことが大切です。
           学校と地域双方の持続可能な発展を実現していくため、岡山県北地域の教員としてどのようなことができるのでしょうか?

           

          ○ 個人面接(口述試験を含みます。)について

           個人面接は、アドミッションポリシーにふさわしい学生であるかどうかをはかるための口述試験も含んでいます。アドミッションポリシーをふまえて、あなたの岡山県北地域で教員になりたいという意欲やこれまでの学習や活動体験をしっかりとアピールしましょう。
           熱意と誠実さをもって自分の意見が面接者に伝わるように説明しましょう!

           

          ○ 集団面接(グループワーク形式)について

           集団面接は、グループ(1グループは約5人)に分かれ、課題に応じてグループワークを行います。グループワークで作成した資料を使って、グループとして発表します。発表に引き続き、グループワークのふりかえりを一人ずつ発表します。
           協働的にグループワークが行われるように心がけましょう!
           グループワークをしっかりとふりかえることが求められます!