私たち教育科学専攻は、その解を、常に問い続けています。
学校教育だけでなく、あらゆる場所、あらゆる時、あらゆる人に教育は存在し、人の変容をもたらします。人と人との相互作用には、必ず何らかの「教育」が存在すると言えるかもしれません。
教育科学専攻は、教育を開拓的に広く捉え、教育の可能性を拡げることを追求する新しい修士課程です。

社会的包摂と教育、コミュニティと教育、学校での新しい教育の模索、生涯教育、グローバルな教育格差と教育支援、全ての人のための創造性教育、各種学問分野の専門的知見の追求と教育との融合、人の幸福と教育。。。  私たちは、教育が関わる事象を広く、柔らかく捉えて「教育の力」を探っています。そのために、専門性や属性の異なる多様な学生や大学教員が、ダイナミックに意見を交わし、協働し、プロジェクトを通じて教育科学を追求しています。

他の研究科ではありえない程多様な専門家がすぐ側にいるという教育学研究科の特長を活かして、あなたの可能性を拡げてみませんか?
新しく開発した充実した学修プログラムと研究環境を準備して、あなたをお待ちしています。

あらゆる場所、あらゆる時、あらゆる人に「質の高い教育を」実現することは、世界で大きなうねりになっている、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)、特にGoal 4を実現することでもあり、教育科学専攻修了生は貴重な人材として多方面で期待されています。
次の時代の教育科学を、あなたと一緒に創りたい。それが私たちの願いです。

教育科学専攻・専攻長 稲田佳彦

UN Sustainable Development Goals
UN Sustainable Development Goal 4: Quality Education