インタビュー

フクロウ2

岡山大学大学院に入られる前は何をされていましたか?

日米にてミュージカルの舞台を中心に出演し、現在も岡山文化芸術創造のミュージカルワークショップほか、色々なところで指導・演出などの活動を続けています。

四宮 貴久(シノミヤ アツヒサ)

2021年4月 修士課程入学

フクロウ2

どうして岡山大学教育科学専攻を選ばれたのですか?

「教育を開拓する」という言葉に惹かれました。ミュージカルしかり、舞台芸術には観る人の心を動かす力があると信じています。人間だからこそできる「心を育む教育」として新たな領域を見出せるのではないかと思い志願しました。

フクロウ2

PBLを受講してどうですか?

「多様性とアイデンティティ」というテーマのもと中国人2名、日本人2名が集まり、「無意識のうちに起きている差別」について、アートを通じて一般の人々に認識してもらうためのプロジェクトを進めています。最初は、相手の様子を伺いながら話し合っているところもありましたが、段々と積極的に意見が出し合えるようになりました。それぞれの専門知識から出るアイデアは刺激的で、自分一人の力では成しえないPBLだからこそ生まれる成果に期待が膨らみます。

フクロウ2

どのような研究を予定していますか?

ミュージカルを音楽の分野と位置付けすると、この音楽的・演劇的手法が他教科と協力し合うことで相乗効果が生まれるのではないかということ。ブロードウエイのような商業演劇とは異なる観点から、教育的価値を見つけていきたいです。

フクロウ2

岡山大学修了後、将来のキャリアは?

ニューヨークには演劇教育に力を注いでいる友人もいるので、国内外で同じような志を抱く人、共感してくれる人と繋がっていけたらと思います。大学院で得た知識を活かし、舞台だけではなく教育の面でも活動を深めていきたいです。

フクロウ2

最後に、一言、お願いします。

大学院で受ける講義はどれも実用的で、学ぶことの楽しさを改めて実感しています。これまで抱いてきた考えが形になるかもしれない。先生方のご指導に感謝し、充実した2年間にしていきたいと思います。

フクロウ2

岡山大学大学院に入られる前は何をされていましたか?

岡山大学の教育学部で家庭科を専門に学んでいました。中高家庭科の第一種教員免許状を取得しました。また、学校図書館司書教諭資格も取得しました。

田邉 詩歩(タナベ シホ)

2021年4月 修士課程入学

フクロウ2

どうして岡山大学教育科学専攻を選ばれたのですか?

卒業研究の内容をさらに深めて研究したいと思ったからです。また、教育科学専攻には、様々な専門分野の先生方や学生が所属していて、自分の専門以外にも幅広く学ぶことができると考えました。

フクロウ2

PBLを受講してどうですか?

多様な専門性や経歴を持った人とともに学び研究することができるので、自分の知見が広がりました。また、自分の研究を多角的な視点からみるきっかけになりました。はじめは、専門や国籍の異なるメンバーとの研究に不安を感じていましたが、活動を進めるなかで様々な意見や考えに触れることができ、とても有意義な時間になっていると感じています。

フクロウ2

どのような研究を予定していますか?

「多様化する結婚」というテーマで研究を進めています。事実婚や同性婚など多様な結婚のかたちに焦点を当て、現代の高校生の結婚観を調査したいと考えています。そこから、SDGsの視点を取り入れた授業を開発したいと思っています。

フクロウ2

岡山大学修了後、将来のキャリアは?

教育に携わる職を考えています。具体的にはこれからの学びのなかで考えていこうと思います。

フクロウ2

最後に、一言、お願いします。

いろんな人との関わりを通して、自分が大きく成長できる場だと思います。

フクロウ2

岡山大学大学院に入られる前は何をされていましたか?

岡山大学の環境理工学部で統計などの数学を専門にしていました。また、高校数学の第一種教員免許状を取得しています。

山本 康裕(ヤマモト ヤスヒロ)

2020年4月 修士課程入学

フクロウ2

どうして岡山大学教育科学専攻を選ばれたのですか?

教員免許を取得するために教職の授業を受講していました。そこで寺澤先生の、マイクロステップ計測法に関する研究を聞き、大変魅力的で惹かれました。その技術に自分の専門である統計を活かして貢献できるのではないかと考えて、教育科学専攻を進路に選びました。

フクロウ2

PBLを受講してどうですか?

今までの講義では、同じ専門領域の人と一緒に学ぶことがほとんどでした。一方PBLの講義では、様々な専門や経歴を持った人たちと一緒に活動できるので、非常に新鮮でとても楽しいです。また、プロジェクトを自分たちで進めるといった経験は他ではなかなか出来ないことだと思うので、この貴重な時間を大切にしていきたいと考えています。

フクロウ2

どのような研究をしていますか?

現在寺澤研究室では、潜在記憶レベルで語彙の習得を可能にする英単語e-learningサービスを数多くの教育現場に提供し、高精度教育ビッグデータが収集される状況にあります。この教育ビッグデータを用いて、潜在記憶レベルでの英単語学習によって総合的な英語能力が向上するメカニズムを解明する研究を行っています。加えて、教育ビッグデータに対する安定的な統計分析法をシミュレーションによって確立する研究も行っております。

フクロウ2

岡山大学修了後、将来のキャリアは?

具体的にはまだ悩んでいる所ではありますが、教育に携わる職に就きたいと考えています。

フクロウ2

最後に、一言、お願いします。

こんなに様々な専門や経験をもっている人が集まる研究科は他にないと思います。この貴重な2年間、大切に過ごしていきたいです。

フクロウ2

岡山大学大学院に入られる前は何をされていましたか?

モンゴルの学校で小・中学生に日本語を教えていました。2018年6月から異文化交流活動のため、岡山理科大学に数ヶ月在籍し、その後、岡山大学のプレーマスターコースで1年間研究の基礎を学びました。

ダムバ エンフザヤ()

2020年4月 修士課程入学

フクロウ2

どうして岡山大学教育科学専攻を選ばれたのですか?

多様な専門性で、社会における課題を特定し、教育を通じてそれを解決する方法についてチームで探るプロジェクト基盤学習が興味深かったからです。また、岡山大学の特別支援教育講座では、障害のある子供の教育のみならず、福祉、医療といった学際的な専門知識を学べるのも理由です。

フクロウ2

PBLを受講してどうですか?

現在、博物館を一般の人々や特に障害のある人にとって価値ある存在にする取り組みについて探求しています。自分の専門領域と違った課題でも、他の専門知識や利用者の観点から取り組むため、多様な発想が有意義で効果的だと考えています。国籍が自分と異なっているだけでなく、多様な専門領域のメンバーで活動することで、それなりに知識が広がっているのを感じています。

フクロウ2

どのような研究をしていますか?

「モンゴルの小中学校における特別支援教育コーディネーターの導入」というテーマで研究を進めています。障害のある子供は、通常教育から排除されてはいけなく、平等に教育を受ける権利を持っています。モンゴルでも障害のある子供がより良い教育を受けられるようになるために、社会全体で支援する仕組みが不可欠です。そこで、日本の特別支援教育コーディネーターのような取り組みを参考に、モンゴル型コーディネーターの導入を提案することを予定しています。

フクロウ2

岡山大学修了後、将来のキャリアは?

岡山大学で培った知識を母国で活かし、障害のある人を受け入れる社会作りに尽力したいです。研究を継続し、障害の早期発見のためにモンゴル版の知能検査等の研究ができたらと考えています。

フクロウ2

最後に、一言、お願いします。

日本への留学を考えている皆さんは是非挑戦してみて下さい。異文化体験は当然ですが、多様な学生との共同学習で新しい知見を見つけ出すチャンスです。