UNIV. TOPHOMESITEMAPLINKACCESSINQUIRY
FAC. TOPHOMEACCESS
UNIV. TOPHOMESITEMAPLINKACCESSINQUIRY
 
  • 日本語
  • Text Size
  • Large
  • Normal
 
  • 日本語
  • Text Size
  • Large
  • Normal
  • 日本語
  • Text Size
  • Large
  • Normal

          教員養成コア・カリキュラム

           教育学部では,実践的指導力を身につけた教員を養成するために,教育実習・体験的授業科目を軸(コア)にした「教員養成コア・カリキュラム」を開発しました。
           教員養成コア・カリキュラムにおいては,今日教員に求められる力量を,下記の4つの力に分類して,「教育実践力」として設定しています。
          1.  学習指導力(子どもの学習を指導する力量)
          2. 生徒指導力(子どもの生活を指導する力量)
          3. コーディネート力(家庭・地域・同僚・諸専門家と協働する力量)
          4. マネジメント力(教師として必要なマネジメントの力量)
           以上の4つの力の育成を大学での授業と学校教育現場での実践との有機的連関のもとに展開するために,カリキュラムの中核に1年次から4年次にわたる教育現場での体験・実習活動を位置づけ,それらによって学校教育現場の求める実践的指導力を備えた教員を養成することを目指しています。
           また,学校現場や他の機関(博物館,福祉施設等)との連携による教育実践力の育成を意図した「フィールドチャレンジ」を設定し, 具体的なプログラムの企画・立案から実施,評価までを体験できる科目や学校での長期にわたる実践的経験を積む「教職実践インターンシップ」も導入しています。
            以上のような特徴を持つ教員養成コア・カリキュラムにより,1.学習指導力,2.生徒指導力,3.コーディネート力,4.マネジメント力という4つの教育実践力をバランスよく身に付けた,反省的で創造的な教員を岡山大学教育学部のめざす教師像として,教員養成を行なっています。
           なお,4年間を以下の5つの期に分け,それぞれのねらい(表1)を意識しながら,履修計画が立てられるよう,各コース・課程における標準的な履修モデルを作成しましたので,参考にしてください。

          表1 各期のねらいと内容

          学年
          ねらい
          内容
          教職への意欲向上期1年前期1年生を教育実践の世界に誘い,教職に対する夢と希望をさらにふくらませる。
          ・教育と教育実践,教育の制度と社会に関する入門的な授業科目
          ・子ども・教育実践にふれる観察学習。
          教育実践理解期1年後期
          ―2年前期
          教育実践の諸構成要素および実践の事実に関する理解をふくらませ,教育実践観を拡張する。
          ・学習と学習指導,子どもの発達,生徒指導,各教科の内容と指導法など,教育実践を理解するための多様な授業科目。座学中心の時期。
          基礎的教育実践力養成期2年後期
          ―3年前期
          教育実践に必要な実践的指導力を身につけ,多様な教育実践を経験する中でそれを高める。
          ・学習指導,生徒指導に関する実践的指導力を養成する発展的な授業科目
          ・各教科の内容と指導法に関する科目
          ・3年次後期の主免教育実習の事前指導
          ・総合演習。
          発展的教育実践力養成期3年後期
          ―4年前期
          教育実践をめぐる新しい課題について理解するとともに,いつでもどこでも発揮できる真の教育実践力を身につける。
          ・新しい教育実践課題を理解し探求する授業科目(教科の指導法開発)
          ・主免教育実習と応用的な教育実習
          ・プロジェクト科目
          採用前研修期4年後期教育実践を研究する力量および即戦力としての実践的指導力を高める。
          ・学校教員インターンシップ
          ・卒業研究