大学トップホームサイトマップリンク交通アクセスお問い合わせ
学部トップホーム交通アクセス
大学トップホームサイトマップリンク交通アクセスお問い合わせ
 
  • 日本語
  • 文字サイズ
  • 大きくする
  • 標準
 
  • 日本語
  • 文字サイズ
  • 大きくする
  • 標準
  • 日本語
  • 文字サイズ
  • 大きくする
  • 標準
      研究科長からのメッセージ
      研究科長からのメッセージ
      研究科長からのメッセージ
      研究科・学部トップページ  > 【大学院】概要 > 研究科長からのメッセージ 
      研究科・学部トップページ  > 【大学院】概要 > 研究科長からのメッセージ 
      研究科・学部トップページ  > 【大学院】概要 > 研究科長からのメッセージ 

      研究科長メッセージ

       
       岡山大学大学院教育学研究科は平成30年4月に生まれ変わりました。課程はこれまで通り,専門職学位課程(教職大学院)と修士課程の二つですが,教育をキーワードにその成果を時間的・空間的にさらに広げることを目指す大学院となりました。
       専門職学位課程では,これまでも「アクション・リサーチャー」としての教員の養成を目指し,教育現場の課題を高度にマネジメントし遂行できる高度教育実践力を育成してきましたが,さらに教科教育研究の成果を取り入れることにより,教科の指導力向上にも寄与するカリキュラム編成としました。それに伴い,教科専門を含めた幅広い研究・実践分野の専任教員を充実させ,広く学校現場の課題に対応することができるリーダー養成に取り組みます。
       修士課程はこれまでの4専攻を教育科学の1専攻に統合し,教育を学校に限らず開拓的に広く捉え,教育の可能性を広げることをPBL(Project-Based Learning)を通して追求します。少子高齢化やグローバル化など,変化する社会に存在する課題に対し,教育的な視点を通して即応できる高度な課題解決能力を持った実践人の養成に取り組みます。
       現在,岡山大学は国連サミットで採択されたSDGs(Sustainable development goals:持続可能な開発目標)達成に向けて取り組んでいます。これは,地域や世界に存在する課題を解決することで持続可能社会の実現に向け,地域と連携・協働し,目標達成のための活動を推進するものです。教育学研究科でもその教育・研究の専門性を活かし,学校教育はもちろんのこと,様々な分野の教員・学生が協働することにより,地域貢献に広く活躍する人材養成を目指しています。このことは「未来」に向けて,また「世界」へも広がるもので,まさしく持続可能社会を実現していくための方策になります。
       教育を通じて未来を拓く,世界を拓く挑戦者として,ぜひ,私たちと一緒に取り組みましょう!



      教育学研究科長 三村 由香里